正式な授与は3月12日になりますが、多摩大学院経営情報学部経営情報学研究科にて、博士学位の認定を受けることになりました。主査としてご指導いただいた同研究科教授の 徳岡 晃一郎先生に、深謝申し上げます。  博士(経営情報学)、Ph.Dの称号を戴くことになります。

 これまで、本当に多くの皆さんから、励ましや応援の言葉をいただきました。それを支えにやり遂げることができました。心から御礼申し上げます。 認定に至るまで、10年という長い長い時間を要しました。「博士学位って何?」という状況から、数えきれない程の苦難を乗り越えて、ようやく「ここ」にたどり着きました。諦めない気持ち、だけが私をここまで支えてくれました。いまだから言えることですが、本当に諦めずに続けてきて良かったです。 私の博士論文のテーマを簡単に言えば、「リーダーシップがいかに発生するか、そのメカニズムを解明する」です。ある企業に2年間入り込み(フィールド・ワーク)、長期間の観察から、リーダーシップが立ち上がっていく様態を理論化しました。査読をいただいたある先生から「この分野の開拓者で、第一人者になった」とこの上ない評価をいただきました。

 私の挑戦は、これからが本番だと思っています。学位取得を経て「これから、誰と、何をしていくのか」が、私のキャリアにとって本当に大事だと考えています。今後は、大学院等で教鞭をとることも視野に入れつつ、同時に、本業である株式会社IDEASSの仕事を発展させていきます。

 博士論文執筆を第一優先と考えて、しばらくの間、ブログの投稿は控えていました。今後は、新しい活動をどんどん書いていきたいと思います。どうか暖かくお見守りください。

 改めて、これまで暖かく見守っていただいた皆様に御礼を申し上げます。これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。  

博士になりました
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。