Brown, D. J., & Lord, R. G. (1999). The utility of experimental research in the study of transformational/charismatic leadership. The Leadership Quarterly, 10(4), 531–539.

実証アプローチ(Experimental approaches)は、既存の「変革/カリスマ」リーダーシップ論文の補完になりうる。

以下4論文参照

⇒Awamleh, R., & Gardner, W. L. (1999). PERCEPTIONS OF LEADER CHARISMA AND FFECTIVENESS : THE EFFECTS OF VISION CONTENT , DELIVERY , AND ORGANIZATIONAL PERFORMANCE, 10(3), 345–373.

⇒Choi, Y., & Mai-dalton, R. R. (1999). THE MODEL OF FOLLOWERS ’ RESPONSES TO SELF-SACRIFICIAL LEADERSHIP : AN EMPIRICAL TEST, 10(3), 397–421.

⇒Hunt, J. G. J., Boal, K. B., & Dodge, G. E. (1999). CRISIS-RESPONSIVE CHARISMA ON FOLLOWERS : AN EXPERIMENTAL EXAMINATION OF TWO KINDS OF CHARISMATIC LEADERSHIP, 10(3), 423–448.

⇒Shea, C. M., & Howell, J. M. (n.d.). CHARISMATIC LEADERSHIP AND TASK FEEDBACK : A LABORATORY STUDY OF THEIR EFFECTS ON SELF-EFFICACY AND TASK PERFORMANCE, 10(3), 375–396.

例えば定性的調査など、異なる形式での研究が増えていくことが求められるものであるが、

この論文の焦点は、「研究室の仕様(laboratory setting)で進められる実証アプローチ」である。

+++「研究室の仕様(laboratory setting)で進められる実証アプローチ」と言わなければならないとことにLimitationがあるのではないか?(過去の研究の系譜への敬意)

+++過去の研究の補完という発想も、すでにLimitation

p535

これら全ての研究(上記4つ)における実質的な主張は、「対外的妥当性(External Validity)」である。

以下のような先入観が研究者には存在しているのではないか

(1)全ての研究において評価されるべき重要な基準は、「対外的妥当性(External Validity)」である。

(2)実証アプローチによる証明は、「対外的妥当性(External Validity)」を持っていない

+++「対外的妥当性(External Validity)」