Social exchange theory  は、時間を通して起きるリーダーとフォロアー間の相互の影響プロセスについて説明を試みようとする理論である。

この理論は、グループにおける複雑な社会的ふるまいを基準にした人同士の相互関係のプロセスを採用している。
最も根本的な社会的相互関係は、恩恵や忠誠(benefit or favors)といった、繰り返される相互の魅力である。
たくさんの種類の社会的交換は起きうる、たとえば、承認や、尊敬、尊厳、献身の現われしての身体的恩恵や、心理的恩恵などである。
 
e.g.
Blau,1964
Homans, 1958
Thibaut &Kelly,1959
 
Most relevant
Hollander, 1979
Jacobs, 1970