Leadership in organizations, 8th (Yukl, 2013) 自分まとめ

Capter16:Integrate models and Future Directions-1

Major Findings About Effective Leadership

リーダーシップ研究の領域は、何十年もの間、盛り上り、そして、混乱をし続けている状態だった。

幾千もの実験による研究が、リーダーシップの効果性を理解するために成されてきた。しかし、そのほとんどの調査結果は、説得力に欠け、矛盾をはらみ、説明が難しいものであった。

リーダーシップ研究領域のの混乱状態は、膨大な量の出版物を生み、アプローチの相違を作り出し、混乱する問題を増殖させ、ほとんどの調査を盲目的にさせ、簡単な説明を好み、説得力に欠ける調査方法に過度な信頼を寄せる、こととなった。

まさに「木を見て森を見ず」である。

Mutilevel Explanatory Process

包括的なリーダーシップの影響力の記述には、マルチレベルな観点(Multilevel perspective)が求められる。

“dyadic,group,organizational theories”という説明構造(explanatory constructs)は、マルチレベルモデルの展開に有効になりうる。

説明構造うちの一つの概念化は、異なるレベルのリーダーシップの有効性に変化を与える、そして、より高いレベルの構造は、低いレベルのプロセスや結果におけるリーダーシップの有効性の調整器(moderator)になりえる。

一つのレベルの解明プロセスは、他のレベルの有効または不都合な結果を持ちうる。

ほとんどのリーダーシップ理論は、一つのレベルの有効性しか説明していない、そして

「レベルを跨いだ矛盾する結果」の可能性についてほとんど考慮されていない。

⇒Reference

Morgeson & Hoffman. (1999). The Structure and Function of Collective Constructs: Implications for Multilevel Research and Theory Development. The Academy of Management, 24(2), 249–265.

スクリーンショット 2013-02-09 8.53.16