本日の「いつみても波瀾万丈」で、ワタミの社長が出た。

最近教育問題などで、露出が多くなってきており、気になる人だったため、どれどれという目で見てみたが、観終わっての感想は「この人本物だ」であった。

外食、教育、老人福祉、など多彩な事業展開をしているが、全てにおいて、「対象者(お客様)の幸せが全て」という大前提となる価値感(社是・ミッション)を置き、そのための事業展開をしている。

よくある言葉だし、よくある社是だが、彼の言葉には「うそ偽り」は私には感じられなかった。

堅い意思と、自分を見つめる力が極めて優れていると感じた。

同じようなことはできないかもしれないが、同じような心を持つことは可能ではないかと思った。

みてよかった。