◆私が、人間、NLPの学習、トレーニングで惹かれるものは、
◇人そのもの、そして、自分自身。



◆私が、このトレーニングに望む結果は、
◇リソース・可能性・そして、明日です。



◆トレーニングの結果が実現することに関連して起こることのうち、何を観たり、何を聞いたりしたいかというと、
◇セミナーの計画と実行の時のお客さんの反応、そして、そのふりかえり、そして、心の充足、納得感です。



◆どの考え方、どの能力、どのスキルを私が引き続き開発し、実現したいかというと、
◇素直さ、感性、自分を信じること、素、ふりかえり、そして、そのままを楽しむことです。



◆どんな考え方、どんな能力、どんなスキルを、私が発見して実践したいかというと、
◇人と会う、本を読む、計画と実行、コントラストから学ぶ、感じ取る、そして次の自分にわくわくすることです。



◆このような結果は全て・・・どんな目的のためにあるかというと、
◇自分を知る、人を知る、人とのかかわりを知るためです。



◆そして、それを全部一緒にすると・・その全ては、どんなより大きな目的を支えているかというと、
◇雄太として生きることです。



◆そのことは、何に繋がっているか、そして、そのことはどんな達成をもたらすか、そして、その達成はさらにどんな達成をもたらすかというと、
◇幸せな人生とそのつながり、連鎖、影響力、そして安心をもたらします。



◆私のトレーニング結果は、どんな、より大きな状況の一部かというと、
◇自己確信、自己認識、そして雄太自身、そのものです。



◆私のトレーニング結果のいくつかは、私の人生を通して、どのように関係し、繋がっているかとういうと、
◇雄太らしく進む、雄太らしく感じる、そして、雄太らしくかかわることです。



◆私のトレーニング結果を、これから先の数日、数週間、数ヶ月のあなたの生活で、どのように統合できるかというと、
◇アウトプット、共有、理解、ふりかえり、一枚の絵です。



未来ペース*******************

目的意識とつながって、深いレベルで、3日後で振り返る。
何をしてきたかにきづく、
どうやってそれをしてきたか、観て、聴く、
そして、どんなにうまくそれが進展しているか、実感する。



目的意識とつながって、深いレベルで、1ヶ月後で振り返る。
他には何をしてきたかにきづく、
どうやってそれをしてきたか、観て、聴く、
そして、どんなにうまくこのプロセスをさらに展開しているか、実感する。



目的意識とつながって、深いレベルで、4ヶ月後で振り返る。
他には何をしてきたかにきづく、
どうやってそれをしてきたか、観て、聴く、
そして、このプロセスをさらに進化させてきたか、実感する。

◆4ヶ月後の視点から振り返ってみて、
トレーニングを受け、学び、私のトレーニング結果を実践するプロセスで、私を支え続けた、もっとも強力なリソース(能力、スキル、姿勢、信念)などをいくつか挙げると、
◇妻、自信、実行、収集、笑顔、感じる、つたえる、まとめる、つなげる、配慮、思いやり、感謝、そして信頼です。



◆より大きな潜在力を実践するために、私はどんな方法で、自分の予想を上回り、可能性と選択肢の領域を広げるよう、勇気を奮って私自身にチャレンジできるかというと、
◇実験、チャレンジ、無意識、感性の全てを使う、みつめる、そして、冷静、愛情です。



さらに何日かすすむ****そしてふりかえる。

◆私が、その結果を実践してきたことを示す、突出した、説得力のある例をいくつか挙げると、
◇8月のビジネスセミナーの成功の納得。次への展開。リソースの発見。そして、軸の感覚。中心感覚です。



◆私は、どのようにすでに自分の予想を上回り始めているかというと、
◇内なるリソースとの出会い、組み合わせの芸術、そしてどこにもない、みたことのない。



◆その未来の視点から振り返って、私が新たに開かれたときづく、これまでとは違う、可能性と選択肢のいくつかは、
◇必然。導出。深化。そして融合。そして受容です。



現在に戻って、ふりかえる・・
未来がいまスタートしているのをイメージする。



◆私のスキルと能力が、大きく開発された結果として、他にはどのようなリソースと選択肢が現れるかというと、
◇見逃しているものの存在、そして空白の発見です。



◆より大きな潜在力を実践しながら、
私のスキルと才能を現実のものにしていく、
私が進歩を続けるための、次のステップのいくつかは、
◇情報を集める。共有する。反応を感じる。そして、今ここを見つめる。今ここを感じることです。



◆この全ては、私の人生をどのように豊かにしてくれるかというと、
◇そのままうけとる。いのち。達成。共生。そして修行です。



20080722 修善寺 鳥の声と森の緑、そして朝の空気につつまれながら。