あらゆることは順調にいっている。
週末のセミナーの効果もあり、光り輝くような感覚もある。



しかし、同時に、今、何か心にひっかかるものがある。
それはそこはかなく、黒い影のような存在。



いま私の心の中は、
光と影が同居し、格闘しているような状況。
そこに何が存在しているのかが、よくわからない。



しかし、一つだけ確信しているのは、
その先には、何かかならず<ある>ということである。
それが何かは正直わからないが、
確かに<ある>ことを確認するために、いまセットアップしているような状況だということは、感覚的に、もしかしたら無意識的にわかる。



それは間違いなく、私にとって重要な意味のあることなのだ。
そのためには、それを乗り越えるためには、
「いままでと同じマインドセットでは無理ですよ。・・」
「さらに、大きく、さらにシンプルに、さらにやさしく自分の心を捉えなさい!・・」
そんなメッセージが聞こえてくる。



その存在から<逃げず>に、<足元をじっと確認>して、少しでもよいから<歩をすすめていく>ことにより、かならず何かが見える。
そう信じる自分の心が確かに、ある。



さあ何をすべきか、
こういうときは先を見るのも重要だが、まず今を把握することである。
精緻にいまの自分を見つめ、そして足場を踏み固める。
その認識はもしかしたら、厳しい試練になるのかもしれないが、
そこから逃げることはできない。それは、自分を広げるために重要な認識だから。
それは自分を探検(エキスプロア)するための、重要なアクションである。