昨日のNLPセッション(ニューロロジカルレベルの統一)はすごかった。



ガイドに従って、

・現在の「環境」

・必要な「行動」

・自分の「能力」

・大切な「価値感」

と階段を昇っていき、

・自分の「使命」=自己認識=パーソナルイメージに到達したとき、

体に雷が巻き起こった。

それは、自己認識を超越したさらに上位の領域が存在することを体感(見えた)したからだ。



自己認識については、私の探求のテーマであり、

あるレベルの自己認識力が備わっていることを実感していたが、

そこで終わりではなく、さらに上位の観念領域があることを知ったのだ。



言葉にすると非常に胡散臭い言葉になってしまうが、

極めて「幸せ」な領域である。

自分自身の存在が、いきとしいけるもの全てとつながっているようなその領域は、「悟り」であって、他ならない崇高なるイメージに満たされている。



今の私のレベルでは、その存在が「在る」ことの微小なシグナルを感じ取るのが精一杯だが、確かに「在る」ことは確信することができた。



その後階段を下りてくると、

・大切な「価値感」は、『志のある人にわけることを使命とする』

・自分の「能力」は、『素直さ、正しく観ること』

・必要な「行動」は、『つなぐこと』

・現在の「環境」は、『おちついた暖かさ』



私の中に『統一と整合』がはっきりした。これこそが一貫性の正体である。



この一筋の光(一貫性)を手に入れたことにより、

私は前より更に強くなることが出来たと思う。

同時に、人に優しく、人に感謝することも、前より増してできるのではないかと感じている。



このブログをご覧になった方の多くは、

わけの分からないことを書いているなと思われるかもしれないが、

私の中での確信をここ(blog)に残していきたい。