2c9cc4cc.jpgところで、これまで自分を知る方法は限られており、自己の潜在能力を測る指標としてはIQ(Intelligence Quotient)が一般的でした。

IQは、論理的、数学的な思考計算能力を測る指標です。精神年齢(知的な年齢)

にと比較して、暦年齢(実際の年齢)が何歳かという計算によってその人の知的

能力を評価する指標です。



ある調査で、優れた業績を残すリーダーのIQを調査したところ、IQと業績に

は相関関係がないことがわかりました。


ある調査で、優れた業績を残すリーダーのIQを調査したところ、IQと業績に

は相関関係がないことがわかりました。つまり、IQは学校での成績をよくする

ことは得意ですが、ビジネスの成績を向上させることは得意ではありません。



ハイパフォーマンスが求められる分野でIQの高い人を偏重することにより、ひ

ずみをきたしている実例は多いようです。その典型は、例えば官僚組織や、医療

の世界で顕著です。特に今医者に求められるのは、「医学知識のみならず人とし

て患者と向き合う基本的なコミュニケーション能力である」という声が高まって

きています。ごくごく当たり前のことですが、医療方針の判断以前に患者の心を

理解できなければ、良い仕事はできないのです。



つまり、頭が良いだけではダメなのです。