いろいろな人、いろいろな考え、いろいろな認識がある。



人は、向き合う相手と、自分の認識をぶつけ合って、その存在を確認している。



最近、少しわかってきたのは、
人それぞれの考えや認識があるのは当然のこと、自然なこととして、
尊敬できる人や、巧みな人は、相手の考えや認識を正しく捉え、
その上で自分の考えや認識を伝えてくる。



そうでない人は、
ただひたすらに、自分の考えや認識を相手に求め、主張してくる。
まるで、そうしないと、自己の存在を否定される恐怖に支配されているかのように、自分を出す。



自分を出すことは間違いではない。
自分を殺して、相手のために・・とか言っている人のほうがむしろ、信じられない。
人は元来、自分勝手にできあがっているはずだが、
つきつめると、「他者とのかかわりの中での自分の存在」を認識せざるをえなくなる。



人との相対的な比較があってこそ、自己の絶対的存在感を確認することができる。



これが最近の私の持論。
なので、
相手との境界線の把握なくして、自己理解はありえない。
相手との境界線の把握とは、相手の考えや認識を理解することに等しい。



それができていない場合、たいてい自分で自分自身のことをわかっていない。という状態になる。ときより自分もそうなることがあるし、注意深く観察すると、そういうパラダイムに陥っている人が多いものだ。



自分の認識が正しいか、相手の認識が正しいか?



マトリックスな世の中で、そんなことは実は誰にも決められない。
実は、決めてはいけないのかもしれない。



しかし、生きていくために、決断しなければならないときに、最終的に信頼できるのは自分自身。そのために不断の努力が必要だということだろう。