実習ワークやEQI(行動特性検査)を使うことで、ありのままの自分と向き合います

セッション・デザイン説明資料

セッション・デザイン説明資料

「自分を知る」「真剣に取り組む」「他者に学ぶ」 この3つの重要な軸を持って、イデアスは研修をデザインします

自分を知るために

  • たとえば、得られた気づきをカードに記していくことで、無意識に深い内省をするように研修をデザインします

真剣に取り組むために

  • たとえば、ゲームに没頭することで、普段の自分のコミュニケーションやリーダーシップの癖を知るように研修をデザインします

他者に学ぶために

  • たとえば、他者からフィードバックを受けることで、自分に対する理解を深めるように研修をデザインします