典型的リーダーシップ研究とそれらの仮定

文脈とプロセスの仮説

長期的研究の示唆
クロスレベル・マルチレベル擁護
因果関係・2元論(階層の考え方)
生態学的アプローチへの示唆・・特にゴッドリープ
 
intro)
リーダーシップのFieldの爆発 Hunt (2005)
 
前後関係)
無関係な変数の考慮はリーダーシップ研究には無い Yukl (2006)
→考慮できない
→重要でない!!
→方法論の偏りは懸念されない!(同じソース)
 
対処法
・時間がかかるが「変数」を考慮する・・変数への偏重
 
 
 
プロセス)
『リーダーシップは、時間を通して、さまざまな状況下で必要とされる、一連の活動と交換というプロセスである』
 
しかし
シングル・サーベイはプロセスを損なわせる。
典型的リーダーシップ研究は、リーダーシップが起こる活動は、無視される。
そのような変数は無視される。
 
典型的な研究は、多くの場合、部下にリーダーシップの調査を行う
そのため、Dyadな研究が増える
 
それがマルチレベル研究のニーズになる
 
 
因果関係(causality)は、リーダーシップ研究で完全に樹立しなかった
 
それらを埋めるのは時間。と考えている。
 
 
対処法
 
リーダーシップは、2元的に発生すると考えている。
・・階層の考え方が疑問
だから長期。
 
 
【生態学的視座への示唆!】
 
我々は、リーダーシップを異なる方法でみつめる必要がある。
リーダーシップは、相互関係的で、再帰的な関係の可能性のある複雑な現象であると、
理解し、認める必要がある。