目まぐるしく「動き」のあった7月だった。

連続する仕事、時間と勝負の移動。

隙間を縫っての、研究活動、そして、トレーニング。

ある一定の成果を出すことができたが、それらは、これからの前準備でしかないと自覚している。

やり切った。などとは決して言えず、本番はこれから!という気持ちでいる。

この8月は重要。

全ての、今後の、方向性を定めうる。大切な1ヶ月になるだろう。

そんな予感、期待、気合い、の入り混じった気持ち。

勝負の夏がやってくる。