NLP(神経言語プログラミング)は、エコロジー・アウトカム・ラポールという3つの重要な考え方に基づいた理論・スキル体系です。これらは、人間そのものを理解するためのヒントとしてセルフコンセプト・アプローチ理論に内包されています。

アウトカム (目標を持つこと)

アウトカムとは、目標、ビジョン、自分が将来進むべき道などのことです。 

  1. 人は必ずアウトカムを持っています
  2. アウトカムは、意識されていない場合もあります
  3. アウトカムは、自分の進むべき方向を示す羅針盤です
  4. アウトカムが明確であればあるほど、現実との差(自分に足りないこと)がわかります
  5. 人はアウトカムといまの現実との差を埋めるべく努力(行動)を行います
  6. 現実を正しく理解することで、わたくしらしいアウトカムを手に入れることができます
  7. アウトカムは、自分の現実に合わせて更新されていきます

アウトカム(未来)は、現実的な自分の足元の延長線上に存在します。そして、未来を見据えることは、現実的な自分の足元を確認するために必要なふるまいです。

詳しくはWebbook「セルフコンセプト」で