レポート1.
『セルフコンセプト〜私らしいマネジメントを目指して』の学習体験によって、あなたのマネジメントにどのように役立つ、あるいは有意義な、知識、スキル、経験、気づきを得ることができましたか?また、Webbook内で、印象に残っている内容や表現は何ですか?(400文字以上)

person_1 第一印象としては、「感性を磨く」というところで、ビジネスの現場で本当に必要なのかとおもいました。

確かに人間関係は大切とおもいます。普段の会社の中で、「時間がない」とか「深く他人を知ること」までは、積極的に行なって来なかったと気付かされました。

会社の中のリーダーとして、自分ではできていると思い込んでいる(逆に自信を持てない人もいるとおもいますが)ところも多くありました。

マネジメントすることは、「的確な指示をすること」と「進捗を管理すること」と考えていたところもあり、うまくいかない事柄はメンバーの努力不足や能力不足として、思い込み行動していることが多くあることに気づきました。

その考えがあまり好ましくないことをこの電子書籍(Webbook『セルフコンセプト』)を通して考えるようになりました。

また、アウトカムについては、今まで行なってきた達成すべき目標とは異なり、「未来にこういう自分でいたい」ということを設定することで、その将来像に近づく階段をイメージしやすくなったと思います。

不思議な体験でした。

電子書籍にいいところはいつでもどこでも読めることなので、思いついた時に自分の振り返りの参考として利用したいです。

全体観をつかむことで有効に自分の行動に取り組んで行きたいと思っています。

レポート2.
『セルフコンセプト〜私らしいマネジメントを目指して』の学習体験を通して得たこと、考えたことを生かすために具体的にどのようなアクションを行いますか?(400文字以上)

person_1 「自分の弱さを知ること」、「自分の弱さを忠告してもらえる仲間の関係を作ること」そして「その弱さを補う何かを作ること」がとても大切と感じています。

そして今後、このようなエコロジカルな関係を作って行きたいと考えています。

今まではプレッシャーもあったとおもいますが、自分からあからさまネガティブでなくても愚痴をこぼすことが何度かありました。そういう行動がメンバーに直接影響すること、場合によっては無意識に伝わっていることが考えられるようになりました。

自分自身の弱さを認めることはとても難しく、腹に落としこむことも容易ではないのですが、勇気を持って行動したいと思います。

Webbook『セルフコンセプト』を読み進め、自分自身を見つめ直す中で、エコロジカルな関係を作ること、

アウトカムを設定しチェックを行うこと、または振り返ることを継続し、循環していくことがとても大切であると共に、リーダーとして一段上を目指せると確信出来ました。それを実現する一歩が、相手の話に真剣に向き合うこととおもいますし、「感性を磨く」ことで、リーダーとしてのより正確な判断ができると今は考えています。