9eb1ccd5.jpg尊敬すべき某社営業本部長に、あるプレゼントをいただいた。

ジャポニカ学習帳《音楽》と、サインペン(3本)



私が同シリーズ《自由帳》を愛用していることを、ブログでご覧になり、

ならば五線譜の入った学習帳を試してほしいという、提案とプレゼントである。



音楽帳。



ジャポニカシリーズは数多くラインナップがあるが、

音楽帳はノーマークだった。

この帳面の優れているところは、上部中央に表題と日付を入れられるところである。

面談する人毎にページを構成することができる。



早速面談時に試してみた。



もちろん五線譜が目に入る。

線を基準にするなら、箇条書きになりそうだが、あえていつものようにマインドマップで書いてみる。

線は全くじゃまにならない。

というか、線があるので、全体の構図がよいような気がする。

単に方眼タイプよりも、いいかもしれない。



そしてジャポニカ独自の、紙の質感。

セットでいただいた、水星のペンのしみこみ具合が秀逸。



考えてみると、

マインドマップを書くときは、通常ノートを横にするが、

この音楽帳では、たてになる。

枝が、上下に長く伸びるので、なんだか新鮮。



「あまり五線譜は意味ないんじゃないですか?」

打ち合わせしている方に指摘されたが、

そういう問題ではない。



音楽という言葉の響きが、自由帳にはない自由感があることに気づく。

→単に、目新しいということだけかもしれないが、書いていて気分がよい。



しばらくは、音楽帳にはまりそうだ。



いただいたペンも、お気に入りになりそう。