200708231009000 いま読み待ちの本がたぶん20冊くらい。
それでも、毎日amazonが届く。



本を読みたくて読みたくてしょうがない時期に限って、
タスクは増え、やることマインドマップの束が増えている。



本日中に処理しなければならないことは、たぶん2.5日分位ある。



週末までには、出さなければならない論稿が1つ。



ふふーん。
なるほど。



これは、自分が試されているような気がする。



こういうときに、どのような判断基準で、
どのような優先順位で、
どのような心で、いまをやりこなすかを、じっと見ている人がいるような気配。



そして、関わる人に対して、いまこのときに、
どのような対処をするのか?
とじっと観察されているのかもしれない。



こういうときこそ、
いまの自分を見失うことなく、
周囲とのかかわりや調和を意識しながら、
どうせやるなら、楽しくやってみよう。



なにかあったとき、
それに対して費やす時間と価値を考えてみよう。
自分にとっては、無駄にしたくない5分でも、
その人にとっては、貴重なものかもしれない。

そのように考えることで、時間の<価値>と<意味>そして、私をとりまく全ての<全体性>を考えることができるかもしれない。