person_4

1つのゴールが「響かせるプレゼン」として設定しされていた意味が納得できる最後の2日間でした。
そして、それが、このコースの魅力でもあります。
それはアウトカムでありながら、気づいたら自分自身のあり方について考え、知らず知らずにうちに自分自身が変化している・・ということです。
「響かせるプレゼン」は、その象徴的な結果の1つでしかありません。(でしかない・・・というのは言いすぎですが、象徴的な1つとして設定してある、ということです)

皆さんの参加の理由や、アウトカムが当初からどんどん変化していったこともそれを裏付けています。

このコースで経験できた学びは、人間の存在や、自分というものを深く探っていく旅のようなものだと思いました。
だからこそ、学びの終点はなく、自分の状況によって受け取り方が変化したり、わからないことに出会って悩んだり、さらに追求したいことが増えていったり、寄り道したいことが出てきたり、人生そのものなのだなあと感じています。
離れることができないものになった気がします。