467b52bc.jpgEQ(心の知能指数)はIQ(知能指数)よりも遅れてクローズアップされました。ではEQというのは「新しい知能・能力なのか?」といったら実はそうではありません。正確には「EQという能力が認められた」のは20世紀に入ってからという説明が正しいようです。



EQという人の潜在能力の解明がIQよりも遅れたのは、精神学、心理学の進歩

が追いつかなかったからだと言われています。ご存知の方も多いと思いますが、

精神学、心理学といった脳に関係する医学分野が発達してきたのは、実は近世に

入ってからなのです。つまり、人間の「脳の理解」は今始まったばかりであり、

今わかっていることは脳のほんの一部分だと言われています。


脳の世界が理解され研究されること、そしてIQ偏重への限界を感じ始めてきた

ビジネス界からの期待、などなど、さまざまな要素が重なり合い現在のEQへの

関心度が高まってきたといえそうです。



EQは簡単に言えば、「コミュニケーション能力」と置き換えることができます。

ビジネスのどんな分野においても、また日常生活においても、コミュニケーショ

ン能力の高さが求められる時代になってきています。特に、顔を見合わせなくて

も仕事ができてしまうようなデジタル社会だからこそ、アナログ的なもの(EQ)

への原点回帰が起こっているのかもしれません。



自分の潜在能力(EQ)を知りたいと思いませんか?