15日(土)はシステムマネジメントアンドコントロール社と共催の「EQによる自己認識-8」



連休の初日にもかかわらず、満員御礼。



今回で8回目の開催。
定番化し、毎回内容が強化されている。



今回もたぶん、記憶に残る回となることだろう。
その場には、「本気」が充満していた。



伝える側も、受け取る側も、妥協のない真剣勝負の世界。
今回参加いただいた皆様に敬意を表しつつ。



私として学んだことを並べてみる。

○生き方がある
・納得できるかどうかが肝心。
・納得するために、自分だけの視点だけではなく、他者を見る、他者から見てもらう必要がある。



○個性について
・個性があるか、どうかという認識はすべて自分次第。
・相手が決めるものではなく、自分が決めるもの。
・ただ、他者とのかかわりの中で個性が決定される。
→自分だけの基準では決められない。
→独善的(かってな思い込み)になるから



○結果オーライってあるよね
・その時は苦しんでいたかもしれないが、今、そして未来(将来どうなるのか)が重要。
・過去のことをふりかえることは重要だけど、「捉われて」はいけない!



○ストレスからリカバリーする際
・効果的なストレスは、セルフコンセプトを広げるための糧(トリガー)となる。
・そのストレスの傷の修復機能が高いと、学びが少ないという場合もありえる。
・傷をゆっくりなめながら、その意味を考える時間を取ることが重要。
・そして、舐め続ける。という気持ちが重要。



○プライド
・プライドとは、過去の自分の歴史・体験・蓄積した思い。
・これがあるからこそ、今の自分があり、今ここに立っていられる。
・プライドは強い心のエネルギーとなる。
・しかし、これは時に、アウトプットとインプットを妨げる要因となりうる。
・しらずしらずのうちに、自分の中に「深い思い込み」を形成する可能性がある。
・これは、諸刃の剣。



○認められたい
・人は誰でも認められたい
・その欲求は、何よりも強い。
・認められたいが上に、悩んだり、恨んだりすることもある。
→それは人として、自然な行為なのだろう。
・しかし、それに捉われると、先に進めないこともある。
・知らず知らずのうちに行動を制限していることもありえる。



○学ぶ意味
・「何か目的をもって学ぶ」ということもあるが、「何があるかわからないから学ぶ」という考え方もありえる。
・「何があるかわからないから学ぶ」のは、目的がないわけではない。つまり、何かこれは自分にとって将来的に繋がりそうだという無意識を信じるということに繋がるからだ。
・無意識を信じることは難しい。でも、「いまやっておかなければ!」という衝動を時には信じたい。それが何に繋がるのかわからないが、何かかならず自分にとって必要な知識や経験を得られるということを信じて、まっすぐに学ぶことは、爽快ですらある。



○すべて決めるのは自分自身
・他者とのかかわりは重要。しかし、最終的に決めるのは自分。
・自分の立場も、風貌も、認識も、考え方も、すべて決めることができるのは自分自身。
・つまり、自分に責任を持つことが重要だし、それは同時に相手を尊重することでもある。



まなび多き1日だった。

****************************

「EQによる自己認識-9」
次回12/22(土)開催決定!!
>>>詳しくはこちら

*****************************