昨日のセミナーで扱った問題解決視点にたつためのネタ(メタファー)となりうる書籍の一部です。



・『決断力』 羽生喜治 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4047100080
・『道をひらく』 松下幸之助 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569534074
・『イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫 』 児玉光雄 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4809404129
・『社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論』 イヴォン・シュイナード http://www.amazon.co.jp/gp/product/4492521658



問題解決を主体的に考えるという目的を明確に持てば、いかなる本も参考(メタファー)になるものだ。
それを、今回参加のお客様が証明してくれた。
素晴らしい。