コンピテンスという概念は、デイビッドマクレランド(D.McClelland)教授によって、1970年代に提唱された。マクレランド教授は、アメリカ国務省の卓越した若き外交官たちの示す能力、行動、態度を調査し、そこで抽出された特性をコンピテンスと名付けた・・・



>>>この続きは多摩大学総合研究所のコラムで