「自ら考える」学びの場をガイドします

「自ら考える」学びの場をガイドいたします

「自ら考える」学びの場をガイドいたします

「自ら考える」創造的な大人の学びの場をガイドします

 イデアスの最上雄太は、自身を講師ではなく「学びのガイド」であると考えています。学びの主役は受講者であるマネジメント従事者であり、前に立つ講師はそれを支援する役割に徹することが大切であるという信念を持っているからです。

イデアスは、その他、以下のような「学び」への信念を持っています。

  • 持ち味や個性を活かしたマネジメントスタイルが必要
  • 学びは、強制ではなく、楽しみである
  • 一方的な教えではなく、感じ取り、気づく、学びを

一方、このような信念は以下のような「学び」への原則につながります

  • 「学び」には厳しさが求められる側面もある。
  • 「学び」に妥協や甘えを排除することも必要。
  • 本当に必要な「学び」は、普段の仕事の中で「目を背けている事実」を直視することでもある。

つまり「自ら考える」学びの場は、自由感と緊張感のバランスの中に存在します。
イデアスは、このような信念と原則を愚直に貫き 「自ら考える」 創造的な大人の学びの場をガイドします。

イデアスの研修事例について詳しく見る