photo昨日は大手エネルギー企業のリーダー研修だった。



ありがたいことに、前回からのリピートでお声がかかった。

前回も感じたことだが、

この会社は、ビジョンや志がしっかりできており、また社員もそれらを自分のものにしようと努力している会社である。業界では確固たる地位を確保しており、その安定感は市場の評価が高い。



昨日人事の方が、「いい人材が沢山希望し、入社してくれるようになった」というお話を聴くことができた。市場は正直である。



全てのものに共通することだが、昨今、本物が生き残る時代になってきたと感じている。虚像や見た目だけの飾りは、いつか剥がれ落ち、かならず本質をさらけ出す。いい意味でも、悪い意味でも。



人は、見た目の良いものに惹かれるが、そういうものは決して継続しない。

インターネットを代表とした情報の氾濫によって、情報に翻弄されることもしばしばあるが、本質を見極める目、飾らず自己の本質を追い求める姿勢は、生きていく上での命題として大切にしていきたいと思った。