今回のご来光が、いつもと比較してどれほど素晴らしかったのか

初めて見たので、わかりかねるが、

これまで見たことのないような景色であったことは間違いない。

山々をやわらかく覆う雲

漆黒と紅の空、鮮やかなコントラスト

澄んだ空気

朝5:00を少し過ぎた、静寂の時間の中で

赤々とした太陽のかけらが顔を出したかと思ったら

そこから1分満たない限られた時間の芸術ショーが開催される。

映像の後半部では、雲に覆われた甲府盆地や

そのはるかむこうには南アルプスの山々が見える。

ご来光は、このような名脇役の引き立てによって、さらにその意味を増すのかもしれない。

美しい、というか、ありがたい。

なるほど、ご来光か、と手を合わせた。