image 

昨日は習字のけいこ。

ついにひらがなに突入。

これまで覚えた筆遣い、墨遣いの延長線上に、かながある。

細く繊細な線を出すためには、あらゆる面でのコントロールが必要。

力んでは、絶対に書けない。

練習開始前は、「こんなのかけるか!」と思っていたが

書き始めてみると、意外と書ける(もちろん自分で思っていたよりも)

ほとんど絵(図形?)にしか見えない、新しい文字を書くのはドキドキするが

それっぽく書けると、とても楽しい。

まだまだ改善すべきところは満載だが

やり続けていると、すこしづつだが、積み重ねができてきているような感覚が気持ちよい。

もっと練習せねば。