2010070217020001 

今日は、書道のおけいこの日。

前回から練習する時間がなく、少し不安があったが

かなり、慣れてきたような気がする。

文字として、整えることができるようになったのが、自分としてかなりレベルアップしたと思う。

これもかなり意識してのことだが。

書は、空間認識が重要だ。

一つの文字についてもそうだが、組み合わせとなったときに

どのようにお互いが存在感を出すのかを、あらかじめ予想しておく必要がある。

スポーツ選手のように、イメージトレーニングも有効であるし、重要。

その文字を書ききるために、必要な精神状態を呼び出し、キープする必要もある。

そう考えてみると、書道は面白い。

肉体と精神が一体となった、作品づくり。

こんな煩雑な文字(線が多いとか、細かいとか)無理とか思っていても

意外と書けたりすると、なんか自分が誇らしくなったりする。

でも、そこで油断すると、次の一筆が狂う。

たかが文字なんてとてもいえない。

このチャレンジは、果てしなく続きそうな気配。