2010年の私の活動のおそらく重要位置を占める挑戦を開始(公開)した。

『研修講師・人材マネジメントのためのNLP18日間コース』

◎NLP(神経言語プログラミング)の学習を通して【講師力】を強化
◎全米NLP協会公認NLP認定資格のW認証
◎研修講師および人材マネジメント関係者限定

NLPの体験と学習を通して、講師として求められる素養を考え、身に着けようじゃないか。

というコンセプト。

誤解を避けずに書けば、資格発行のできるNLPコースになるが、このコースではNLPを学ぶことが第一義ではない。

以下紹介ページ内における私のコメント

—————————————-

私はNLPのスキルや知識を、人間科学(=人間を理解すること)の1つの有益なアプローチであると考えています。

この18日間のコースは、NLPの体系的な学習と体験を通して、講師としての自分自身を見つめ、革新し、人の成長と変化を支援するために必要なことを学ぶためのコースです。

「研修講師・人材マネジメントに関わる方々に限定して開催」

このコンセプトに当コース開催の大きな意味があります。

この18日間で、NLPの本質を存分に味わってください。このコースでの体験はあなたのビジネスに大きな影響を与え、講師としてのあなたの価値観や信念を大きく成長させることでしょう。

—————————————-

なぜこれを私がやるのか?

これをやることの自分にとっての意味は?

これについて、しばらく自問自答を続けてきたが
いまは完全に明確になっているし、ゆるぎない感覚を伴いながら確信もしている。

それを説明する文字は上記で充分だと考えている。

おそらく、年に1回の私自身の力だめしといえるイベントになることだろう。
第1期をこれからむかえることになるが、これから長い期間継続していく重要な1回目になると感じている。

募集開始は来週の頭から。

———————————————————————————-

『研修講師・人材マネジメントのためのNLP18日間コース』

◎NLP(神経言語プログラミング)の学習を通して【講師力】を強化
◎全米NLP協会公認NLP認定資格のW認証
◎研修講師および人材マネジメント関係者限定
【 2/15(月)正式受付開始 】

 ⇒くわしくはこちらから
———————————————————————————-