「脳は年齢を重ねると共におのずと衰えていく」というのは迷信。

エモリー大学医学部教授であるロデリックW.ギルキー氏は、ハーバードビジネスレビュー2009年8

月号の中で、「脳は死ぬまで鍛えられる」ことを主張しています。

最近の脳神経科学研究は、情報を伝達することで脳の情報処理能力を支える基本細胞は加齢によって死んだりしないことを明らかしたということなのです。

同教授の言葉を借りれば、

「60歳の脳は、25歳の人の脳にはかなわない」と言う理由はなさそう。なのです。

脳を健康な状態にしておくことによって、脳の加齢を防ぐことができます。

そのために有効であろう同教授は以下のようなトレーンングを推奨しています。

(1)歩き回る経営(仕事)を実践する

(2)楽しい本を読む

(3)ゲームに興じる

(4)演じる

(5)学習していないものを見つける

(6)出張を最大限に利用する

(7)メモを取る、そして後で読み返す

(8)最新技術を試してみる

(9)外国語や楽器を勉強する

(10)とにかく運動する

上記をまとめると、脳を健康にするのは以下のようなことだと推測します

・あたらしい発見(ワクワク感)を歓迎する

・体を動かす

・左脳を刺激する(右脳も左脳も刺激する)

・ふりかえる

心と身体はつながっている。とは良く言ったものです。

「不摂生を抑え、心・技・体いずれもバランスよい生活を心がける」

どうやら、昔から言われているこのことに尽きるようです。