『変化できる者』 

進化論のチャールズ・ダーウィンの名言

 

『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』


 

うまく行かないとき、思うように行かないとき、

私たちはしばしば、自分の周囲の環境や、他者にその責任の所在を求めようとします。

そして、そのような状況から逃れようと、

自分の身の置き場を変えたり、

その存在を否定したりしますが、

しばらく経過すると、「同じことがまた起こる」のはなぜでしょう。

 

ダーウィンが、ガラパゴス諸島で見た「生きる力」は、

私たちに必要な示唆を与えてくれます。

 

生きるために、本当に変えなければならないものは何か。

生きるために、自分が求めていることは何か。