その課題(ウェイト)をやり遂げることができるか、否かは、

75%の根性(気持ちの問題)と、25%の筋力(技術的問題)である。

 

あくまでも現在の私にとっての見立てではあるが。

 

それができるかどうかは、臨む前の「やるぜという気合い」、途中での「ストレスからの離脱」、最後の最後に「負けない気持ち」が大事。

3つのフェーズのどこかに緩みがあると、やり遂げることは難しくなる。75%は気持ちの問題なのだから、それは「重い」のではなく、単に逃げているだけと考えられる。

 

もうダメだ。と思い始めると、その思いを止めることができなくなる。

 

「トレーナーは、30回でつらいなら、50回やると思えば良い」

 

とさらりと言うが、

それを聞いているときに、

 

「そんなの無理じゃん」

 

と思ってしまっているところに、気持ちの弱さがまだあると痛烈に感じる。

 

そんな弱さ、自分の状況を受け止めつつ、

今日のトレーナーの監視によるトレーニングに臨んでみたい。

 

「かならず最後まではるかに高い気持ちを維持する!」