研修講師・人材マネジメントのためのNLP18日間コース 12日目を終了した。

 

マスターコース(アドバンス課程)として

内容も専門的になり

求められるレベルも高くなってくる。

 

Day12は、ミルトンモデルを探求。

相手が顕在意識優位の状態であっても、言葉の力を使って相手の深層(無意識レベル)に働きかけ

認識の変革をガイドする。

・アウトカム(目指す、望ましい状態)は何か

・ラポール(相手に寄り添う自分の状態)を築いているか

・エコロジー(自他の成り行きに関する配慮)が機能しているか

このようなスキルは、プラクティショナーコースから培ってきた

「五感を磨くこと」という土台があってこそ、使うことができるスキル。

 

言葉遊びではなく、結果的に表現されるべき言葉の使い方。

 

このような言葉を、無意識に扱えるようになるためには、トレーニングが必要。

 

 

そしてトランス誘導を体験。

普段の生活において、トランスを意図的に誘導する機会はまずないが、

トランスのメカニズムを理解することは

ラポール構築や、コミュニケーションを理解するために、とても有益な知見がある。

 

これらのスキルに「(形式的に)使われる」か、「使えるようになる」か、

NLPの実践者としての真価が問われるフェーズに突入した!

 

NLP18日間コース/NLP経営者コース 6月開始コースをご案内しています

⇒ 詳しくはこちら

 

 

【体重】

土曜日朝時点(4/23)での体重は63,2キロ

目標まであと1.2キロ!