DSCF0172

過日、中堅階層むけのリーダーシップ研修を実施。

35名の今後を嘱望されるリーダーの皆さんと、リーダーシップを考える。

 

リーダーでもあり、部下でもある。

部下でもあり、リーダーでもある。

 

そんなミドルの宿命と、組織からの期待を背負った皆さんの視線は熱い。

 

リーダーシップの探求は、自分と向き合うプロセスである。

 

誰かのマネをしても、それは本物のリーダーシップにはならない。

 

自分らしくあれ。しかし、信頼を獲得するために、不断の努力が求められる。

 

リーダーシップは旅である。と表現されることがあるが

まさしくその通りだと思う。

 

自らの課題をリュックに背負いながら

 

かかわる人たちと交流しながら

 

失敗と成功を体験して

 

ときどき自分をふりかえりながら

 

自分が向かいたい先を見据えつつ

 

自分自身を磨いていく。

 

 

それぞれの皆さんの旅の通過地点として

先日の研修において

彼らがこれから進んでいく、ガイドになれたとしたら。

それは、とても意味のあることだと

つくづく感じた。

 

これからも、ガイドとしての腕を磨かなければならない。

ガイドたる生き方を実践していかなければならない。