2011071109500000

梅雨が明け、ついにこの人たち(ひまわり)の季節になってきた。

淘汰を繰り返し、現在の本数は6本まで絞られた。

精鋭の6名。

出張で留守にすることも多いので、できる時にはできる限りの手を入れようと、

水やり、栄養注入、支えの設置、害虫対策、などなどを行う。

 

今年のひまわりは、葉が病気になる割合が少ない。

4mまで育った最強の遺伝子を継ぐからであろうか?

 

茎も太く、たくましい。

 

昨年に迫るような、大輪を咲かせる可能性がある。

今後も気を抜かずに、丁寧に育てていきたい。