いまできることは何だろう?

 

こんなテーマをあらゆる人が考えている。

 

最近共感したのは、FM(J-Wave)でのキャンペーン。

※ある番組の特定のキャンペーンかもしれないが。

趣旨としては

 

「我々は普通の生活を取り戻そう!」

「首都圏から元気を取り戻そう!」

 

というもの。

 

東北のことを意識すると、

必要な節電を行う必要もあるし、不必要な買いだめのようなことは控えなければならないものの

自粛、節制、我慢、が過度に意識されすぎて

消費行動や経済活動を停滞させてしまうと、

結果的に首都圏の経済が弱体化して、東北を支援することもできなくなる。

だから、首都圏は、普通に戻そうじゃないか。という考え。

 

元気にするために、プロ野球のナイターを実施するという話は是非が存在するが。。

 

一番恐れるのは、

恐れ、不安、自制、動きの停止、、などにより

思考や行動が停滞することだと思う。

 

停電することは負担になることは確かだが、

それはそれとして現実を受け止め

それ以外の時には、いまとこれからのことを考える。

 

この出来事が、全てが足踏みにつながることにはならない。

進むべきものは進めていく必要がある。

 

今、力を出せるか、出せないか、は自分の考え方と認識の仕方次第。

 

誰かのこととか、政府の管理機能のこととか、

そういう今すぐ「どうにもならないこと」にフォーカスするのではなく

自分がいまからどのように普通を取り戻すことができるかを考えることが

いまとても大切なことだと考えている。