2011033114040002

 

近くの駅前で、彩りを放っていた。

ベニスモモの木。

桜と見間違えてしまうような、華やかな「もも色」

 

春を感じる青空を背景にして、通り過ぎる人たちの足を止める。

 

ああ。春がもう来ている。

 

東北ではまだ苦難が続いているが

このような美しい光景を、いま愛でることができることに

その幸運に

感謝の気持ちが湧き上がってくる。

 

その感謝の気持ちを忘れずにいたい。

少し早い春の徴に思った。