自分の強みを見出す「ストレングスファインダー」のテストを受けてみた。



「ストレングスファインダー」は、WEBで受験できるアセスメント。
ポジティブ心理学の本である『さあ、自分に目覚めよう』を購入すると、アクセスキーを取得できる。



購入して読まずにしばらくそのままになっていたが
最近読んで、受験も行う。



書評?というか、私なりの感想などを下記に残してある。
http://selfconcept.at.webry.info/200904/article_11.html



私の強みの結果は



適応性
収集心
共感性
学習欲
自我



34の強みの分類の中から、私として強みを見出すことのできる上位5つ(上が一番の強み)

以下は適応性・収集心についての説明(結果より抜粋)

*********************

適応性
あなたにとって今この瞬間が最も重要です。あなたは将来を既に決まっているものとは考えていません。将来というのは、今あなたが行う選択によって変わっていくものだと考えています。つまり、それぞれの時点で進む方向を一つずつ選択することによって、将来を見出すのです。これは計画がないということではありません・・・

*********************



収集心
あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を引かれるから集めるのです。そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えるのです・・・



*********************



適応性はEQIでいう柔軟性と相関がありそう。
私のEQI上の柔軟性は「とびぬけて」他より高い。

なるほどな~と思う。



収集心については、無理に関連づければ状況モニタリングだろうか。



適応性と収集心

これらが確かに私の強みであり個性だとしたら、
これらの私の強み(才能)を、いかに「将来にわたって何かを生み出す源泉」にしていくか
いくことができるかが、今後の課題。

▼最上雄太・メルマガのバックナンバー [最新:4/26発行]
 ⇒【最上雄太】ぶれない軸~セルフコンセプトのススメ