昨日のタイトルマッチは見ていて面白かった。
終始内藤が優勢で進んだが、
挑戦者の山口は最後までファイティングスピリッツを絶やさず、
打っていく姿勢を見せた。



途中解説者も、
「通常リードをしている場合には、判定勝ちを狙って逃げていくチャンピオンも多い」
と言っていたが、
内藤は、逃げずに打っていった。



聞けば、山口は相当格下の選手とか。
チャンピオンとしては、格下の選手と戦い、相応の勝ち方(圧倒的な勝利)をしないと、
『国民の期待』に応えられないと考えていた様子。



勝利後のインタビューで、
「俺は体力はあるけど、ボクシングの才能ないわ」
と言っている姿が印象的。



ある側面では、「謙虚で反省」が際立つが、
格下とのマッチメークは、
亀田系を匂わせたりする。
ボクシングという興行の性質上、仕方のないことか?

ただ、次回のタイトルマッチ(来春)は、
WBCの示唆で、同級1位の選手と戦うことが内定しているとのことで。
次回の戦いが「本当の戦い」になることだろう。



私自身は、内藤大助の「裏表のない性格(ように見える)」がとても好き。
チャンピオンなんだから、もう少し毅然としてほしいと感じるが、
その辺のおっさん的雰囲気を持っているところも、なんだか愛くるしい。



▼最上雄太・メルマガのバックナンバー [最新:12/21発行]
 ⇒セルフコンセプトのススメ~ぶれない軸を手に入れる