昨日読んだ本
http://www.amazon.co.jp/gp/product/toc/4788504480/



直感と思い込みは紙一重である。
身の回りに起きたことを、「色々なことにつながりを持たせて」過度に信じ込んでしまうことがエスカレートすること、を牽制する本。



世の中には確かに流れがある(と私は思っている)が、
その流れを、極端にかつ自分勝手に捉えてしまい、文中の言葉を借りれば「我田引水的信念」に基づき、まわりが見えなくなってしまうこともあることを、極めてロジカルに理解できる。



うーん。なるほど。と何回うなずいた(自戒した)ことだろう。



少々夢のない話も多いが、思い込みの力は強大であることを考えれば適当だろう。

こういったクリティックな視点を持ちながら、クリエイティブな信念を保ちたいものだ。