Img_3954福島県、磐梯高原の吾妻小富士(標高1700m)の頂に立つ。



火山壁は下の写真のようになっていて、その一番高いところから見える景色が上の写真。 火口壁をひとまわりするのに1時間かかった。



雲よりも高く、遠くの山が眼下に見渡せる。
遥か下界には、福島盆地が広がる。



Img_3960 磐梯吾妻スカイラインに入る前は、目標地点は雲がかかっていてどうなるのか心配されたが、雲を抜けると360度青の景色が広がった。



雄大かつ荘厳なるな景色、自然の大きさをひさびさに全身で感じた。



雲を抜けるまでは先を案ずるものだが、抜けてしまうと視野の広い見たことのない世界が待っている。
信じて進むこと、目線を上げること、の重要性を、あらためて再認識させられた。