Img_4330
そして2日目は、立山黒部アルペンルート散策。

心配された天気はなんと晴れに変わり
とても気分良く散策することができた。

上下の写真は、黒部ダムにて
Img_4332
奥に見える山々の稜線が美しい。

見所である観光散水は6月からとのこと
今回見れないのは残念だが
またの機会に見ることができるだろう

立山黒部アルペンルートの散策は
乗り物との戦い

特にツアーの場合
次の集合時間に遅れないようにすごく気を使う

平日のツアーでもあるためか参加者はご年配が多い
そして集合予定時間5分前には完全に集まっている。

Img_4336「若いもんは遅いなぁ」とか言われるとまずいので
常に時計を気にしながらキョロキョロする。

すこし時間を気にしながらが、このルートを全てまわるためにはちょうどよいのかもしれない。
個人で来ていたら、乗り物に全て乗り遅れているだろうなと妻と話しをしていた。

↑は黒部ケーブルカー。
とても個性的な乗り物が続く。

Img_4339こちらの写真は黒部平からの眺め。

大観峰(標高2316メートル)まで到達すると
空気の薄さを少し感じる。

まだ天気はよい。


Img_4361_3




そして、室堂に到着!

雪の大谷を歩く。

少し雪の壁は溶けたとのことだが14mあるという。

地元の山形、月山でもおなじような雪の壁ができるが
これほど高くはないだろう。

中国人の観光客がとても多いように見えた。

かくして、立山黒部アルペンルートの散策を終え
立山発14:30
最寄の場所まで7時間バスは走りまくり

おしりの痛み、足のむくみ、に耐えながら家路につく。

いやー。満腹のツアーだった。

次はどこに行こうか。