我が家では日本の代表的新聞である、A新聞を購読している。



今日の一面トップは、小室哲也氏の詐欺事件、逮捕のことだった。



確かに、驚き!記事として目を引くのはわかるが、
老舗で格式ある新聞(希望)としては、せめて、米の大統領選の投票日であることをトップにすえてほしいと、密かに思う。



日経新聞は、「新興国事情の見直し」を1面トップ、第2記事として米の大統領選を扱っていた。さすがに、小室哲也が1面になることはなく、なんだかほっとした。



いわゆるスポーツ新聞なら、小室哲也氏の詐欺事件を扱うのはわかる。
でも、いくら巨額(10億の詐欺)とはいえ、この記事が1面トップで日本はよいのか?



それとも、A新聞に期待しすぎなのだろうか?(かもしれない)



民衆・風俗に接近した構成は好感を持てる側面もあるが、
「格式」という点で、読者を高く評価しているとは感じられないところに、何か違和感を感じる。



これは、新聞のみならず、最近のTV番組のつくりの全てに当てはまる。
言っていることの全てにテロップつけるとか。がいい例。