1/17-19、某通信事業企業管理者研修の第2回目



この研修の目的は、『管理者として問題解決を導くための足元(セルフコンセプト)』を引き出すことにある。



説得とか理屈とかいう一方的な手法ではなく、自らの心(マインド)から、滲み出すような思いを認識するというもの。人が持つ、根源的な性質を信じて行う。



今回も感動的な3日間だった。

24名の参加者は、日を増すごとに真剣度を高め、
次第に横のネットワークを強固にしていった。
この会社を素晴らしいものにしたい!という強い思いや情熱のベクトルが一致し、
全員で進んでいこうという「魂」のようなものを感じることができた。



今回の3日間で感じたこと、学んだことは、以下3点。
・人ってすごい
・場で起きること全てがリソースになる
・過去と同じ場は存在しえない



この研修を経て、いま私がやろうとしていることは、
単に人材を開発するということではなく、人を強くすることによって企業文化や、企業戦略にポジティブなインパクトを与える礎を作ることであるということが再認識できた。
それは、戦略を創り出す研修なのだ。



なぜ私が人に惹かれ、人を見つめたいのか、
その理由がそこにある。



このような原点回帰のきっかけを与えてくれた、この機会に感謝し、
そして、参加者の皆さんの熱意にこころから「ありがとう」と申し上げたい。