最近(1W以内)の自分の「思い込み」をふりかえる
・うまくいかなかったことに、どんな「思い込み」があったか
・うまくいったことに、どんな「思い込み」があったか
・何か気づくことは?



◆うまくいかなかったことに、どんな「思い込み」があったか
1)〇〇〇〇でイライラしたこと
・自分が原因であるにも関わらず、相手の指摘を「自分を不快にさせる意図がある」と思い込んだ。冷静に考えれば、相手はまともなことを言っているし、その瞬間はできない自分の責任を転嫁していたようだ。

2)結膜炎になって苦労したこと
・自分はよく手を洗っているので、目にウイルスが入るなんてありえないと思っていた。しかし、発症後、細心の注意を払うようになってからは、うかつに目を触ったりする機会がすごく多かったことに気づいた。

◆うまくいったことに、どんな「思い込み」があったか
1)冷蔵庫を即決で買った
・修理する。という選択肢もあったが、どうみても直りそうもなかった。たとえ修理に成功しても、それほどもたないだろう。モタモタして生活が不便になることも考えられる。それなら思い切って買おうと決めた。

2)〇〇の交渉がうまくいった
どうせ・・・だろうという憶測を捨てて、念のためアプローチしてみた。結果、交渉成功!
・・・だろうという憶測は、「手抜き心」の表れだったと思う。安易に楽な選択を選びたいという気持ちが、・・・だろうという思い込みを生んだと思われる。


◆何か気づくことは
思い込みとは、前提・仮説・想定・憶測のこと。
それらが、「単に自分に都合がよい」場合には、結果としてうまくいかない方向に進む可能性が高い。勝手な思い込みだから。
うまくいかない思い込みには、自己弁護や奢り、過剰な自意識が存在する。



うまくいく場合には、前(先)を向いていて、エコロジカルな前提・仮説・想定になっている。
もしくは、うまくいかない思い込みであることを、あらかじめ察知できる「精神的な余裕」がある。

思い込みに気づくためには私には「エコロジカルか?」という問いが自分にはよい。
もちろん、冷静になることが前提。


 本日の自省はメルマガ(12/21号)に連動しています

▼最上雄太・メルマガのバックナンバー [最新:12/28発行]
 ⇒セルフコンセプトのススメ~ぶれない軸を手に入れる