NLP(神経言語プログラミング)というものに興味を持ち、しばらく学習と体験を続けてきた。
米国NLP協会の認定トレーナーアソシエイト資格も獲得し、
ある程度の段階までたどり着いたと考えられる。



NLPは、人の心と認識を理解したり、積極的に働きかけたりと、他にはない特性を持っている。これまでやってきた、アセスメントとしてのEQとか、コーチングとか、そのほかの心理学と比較しても、かなり効果的にコミュニケーションに作用させることのできる、スーパースキルだと感じている。



それだけに、NLPは使う人によっては、人をだましたり思い通りに動かしたりするために使うこともできるし、本当に必要な影響力を発揮するためのスキルの一つとして武器とすることもできる。



このNLPをどのように捉えれば(理解すれば)いいか、
そして、
このNLPをどのように使えばいいか。



これについて、今の自分なりの考えをまとめる時が来たことを実感している。



そのために、
下記のようなセミナーを開催することにした。
『NLPベーシック-1』『NLPベーシック-2』



ベーシックだけに、NLPとは何か?からはじまって、
私が考えるNLPの基礎的なスキルを解説・体験してもらえるような機会である。



このセミナーは、EQによる自己認識 でもご一緒させていただいている、
システムマネジメントアンドコントロール社の野村隆昌氏と共同開催の形をとっている。



彼は、NLPの使い手(教える人)ではないが、プロジェクトマネージャーを教育・育成するという立場を持ち、マネジメントについての造詣が深い人物である。

彼と私は、
『プロジェクトマネージャー(=リーダー)が、真に求められるコミュニケーションとは何か』について普段より激しく議論しており、その結果として、
我々の考えを伝えるべく、あるいは、実行することによるフィードバックを獲得すべく、
「そのリーダーに必要な影響力を養うための場を用意する必要(使命)が我々にはある。」ことを合意し、その一つの表現方法として、上記のような場を用意することになった。



私としては、「NLPを学んできたことを一つの形として仕上げていくこと」、に加え、
「リーダーを養成する」というミッションもからんだ、
とてもエキサイティングなチャレンジを行うことも意味する。



この後、どのようにこのチャレンジが展開していくか、やってみないとわからないが、
NLPのみならず、「ビジネス心理学」をキーワードに、
いくつかのコンテンツを開発・提供していくことになる。



『NLPベーシック-1』 5/11(日)・『NLPベーシック-2』 5/25(日)は、
そのための第一ステップとして位置づけられる。



・NLPに興味がある方はもちろん、
・リーダーとコミュニケーションについて興味のある方
・上記のような取り組みに興味のある方



は、ぜひ参加していただきたい。
といっても、定員が少なく、あと若干名の募集になる。
初回特別価格にて参加者募集中!
詳しい情報はこちら