Photoお気に入りの白い無地ノートを数冊購入。



白い無地のノートは、あるようであまり選択肢がない。
ジャポニカ学習帳(無地)はいまでも優秀なノートと思っているが、顧客の前で広げるには少し気が引ける(ようになった)ので、いまは写真にあるようなタイプのものにしている。



A4タイプ。



真っ白なノートを広げると、



「さあ、好きなように考えてごらん!」と語りかけてくるような自由感がとても好き。そこに枠も線もない。



あらゆる発想がこのノートから生まれているかと思うと、自分の脳みその外部装置のような気もしてくる。