Nenga会社私用ともに年賀葉書のコメント書きを行う。
もちろん全てに書くことはできないが、1枚1枚(一人一人)想像しながらコメントを書く。



どうせ書くなら、その人に合った言葉を。と最初は書いていたが、そもそもスペースが少なく、またメッセージとして冗長になってしまうことに気づいた。



「今年もよろしく」だけなら書かない方がましかもしれない。
でも、一言書きたい。
どうせ書くなら、伝わるものにしたいし、
書いている自分にも、力がわくような内容にしたい。

そう考えているうちに最終的に固まったのが

笑顔で健康で最高の1年を!



おそらく100回以上書いた。

良いキーワードが重なって入っているので、
メッセージとして気持ちよく、
また書いている私も、気持ちよい。



誰にでも通用するし、
同じ言葉でも、その方を想像して書いているので、きっと念もこもる。

篆刻(てんこく)をついて仕上げると、かなりキマル(自画自賛)

右手の万年筆タコが少し痛いが、
今年やるべきことを仕上げることができて満足。


▼最上雄太・メルマガのバックナンバー [最新:12/21発行]
 ⇒セルフコンセプトのススメ~ぶれない軸を手に入れる