ここ最近のブログを、"ですます調"に変えてみた。
これまでは"である調"



そしたら、違和感がある。との指摘をもらった。
最上雄太のブログらしくない。と。



確かに、自分でも違和感があり、無意識に"である"調で書いてしまい、
その後、無理に直したりていた。



今後WEB等の改定、メルマガ発刊を控えており、それらと文体をそろえたほうがよいかと思ってのことだったが、無理があったらしい(笑)

らしくないのだ。



現時点で書き出しからすでに本来の文体に戻っているが、、、



このブログは、私の心の声(勝手なふりかえりの場)であるため、
"ですます"ではやはり不自然。
文字の走りもいまいちわるかった。



書き直しまではしないが、
足跡として、”ですますの”数件は残しておこう。



らしくない。とは、
自分でも違和感を感じつつ、他者からみても違和感を感じる状態。
言われてみると、ああ、やっぱりね。みたいな感じ。



そこでその違和感をどう処理できるかが、らしさを取り戻すための鍵。