Img_3992今年の夏の作品が見事に咲いた。
菊のようにも見えるが、これは向日葵の一種。

朝の日差しを浴びて美しく輝く。



単に向日葵なのだが、育てるには結構苦労した。(自分なりに)
虫が沢山ついて、青葉を食べつくそうとしていたので駆除したり、夏の暑い時間を避けながら水をやったり。



そういえば、まだ芽が出たばかりのころ、水をかけていると、朝散歩しているおばちゃんが、
「きれいに咲いてくれるといいわね~」という言葉をかけてくれた。
「咲いてもらう」という感覚に驚き、咲くのを楽しみにしている人がいるという期待の確認が、
今年の主に水やりのモチベーションとなった。



道行く人が、眺めながら歩いていく。
菊と間違えている小学生達が通る。
あのおばちゃんもきっと喜んでくれているだろう。