今日の朝の番組、徳光和夫氏が司会をする「TheサンデーNEXT」に
ワタミ社長の渡辺美樹氏が出演し、
なるほどな。という発言があった。



それは、派遣村の話題から発展して、
いまの不況をどのように捉えるか、という視点から、



企業からの不当に解雇されることは、もちろん望ましいことではない。
という前提に立った上で、



でも、解雇されたからといって、
貯金が1円もないとか、仕事を探すための資格や能力がないというのは、
「自分の責任」と考える必要がある。と直言。



そして



経営者としても、業績が望ましくない状況であることを、すぐ不況のせいにするのではなく
経営責任として「自分の責任」と考えるべき。と言っていた。



それって、すごく当たり前のことだが、
忘れがちなことでもある。



いまの現実を引き起こしているのは、自分の責任だから。



誰かのせいにするのは簡単だが、そこから道は拓けない。

先を見る。というのは、
決して能天気になることではない。

先に進むために、厳しい現実を、自分のものとして受け止める必要がある。
そこからすべてが始まる。



▼最上雄太・メルマガのバックナンバー [最新:1/11発行]
 ⇒セルフコンセプトのススメ~ぶれない軸を手に入れる